オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

ボンド大学付属語学学校
 

 2001年A to Z AUSTRALIAのHP開設以来、日本で語学学校を決定して到着したメンバーも、A to Z風に言うと「忍法!何も決めないでオーストラリアにやって来るの術♪」を使って現地で語学学校見学後に決定したメンバーでも、一番多くのメンバーが選んだのがこの学校です♪この学校の長所としては、大学付属の語学学校なので大学生が使う大学の施設は全て無料で使える事!その施設がオーストラリアではNO.1と言われる程素晴らしい事!更には大学付属なので、大学や大学院の教師が授業を兼任する事もあり、教師陣のレベルがとてもハイレベルな事!語学学校が大学の敷地内にあるので、地元OZの大学生とかとも知り合えるチャンスがたくさんある事です\(^0^)/♪
 (中3の時以来の再来豪ではボンドを選んだ恵子さんo(^0^)o)

 

 週に5ドルのアクティビティー料がかかるのですが、これによりボンド大学の学生会に入会しますので、週1回大学の学生会が主催するバーベキューランチがタダで食べられたり、大学生が行っている各スポーツの部活にも全て参加可能になります♪更にサーファーズから車で15分ぐらい離れているので、ホームステイ先やシェア先と学校の往復なら英語環境の缶詰状態に自分を持ってゆけるところです。大学付属と言う事で、生徒層も英語を真剣に勉強して大学への進学を目指しているみなさんが多いので、英語の勉強の良い刺激になる事は間違いありません。短所は、海からも車で10分ぐらい離れているので、マリンスポーツをするのは週末のみになってしまう事とでしょうか。。。 
 
(シドニーINを考えてたけどボンドのあるGCに変えた貴子さん)

 

 もう一つの短所であった「授業料が他の語学学校に比べると高い!」という部分も、2006年度から授業料の値下げによって改善されましたので、「施設や学校の雰囲気は最高だけど、ちょっと授業料が。。。」と諦めていたメンバーも過去に多数居りましたが、今後は入校希望者が激増しそうな感じです♪なにせ2001年度から毎年10ドル〜20ドル週の授業料が値上げされ、2005年度には1週間で340ドルまで達していた授業料が、2006年度からは1週間295ドルまで値下がったのですから、書き出したらキリが無い無料で使えるサウナやプールや ジムや体育館やヨガレッスンやテニスコートや図書館のビデオ&DVD貸し出しやインターネット等の施設利用料を考えると、お得感いっぱいですねっ♪
 (こんなオリンピックプールも就学期間内はタダで泳ぎ放題♪)

 

 立地条件はGCの中心地サーファーズパラダイスから南西に車で15分程離れた住宅地に広大なキャンパスがある為、治安はとても良いです♪生活必需品を購入する為のショッピングセンターもボンド大学の傍に数ヶ所自転車で行ける範囲内にありますので、通常の生活は全く不便を感じませんが、夜の刺激?やマリンスポーツを毎日やりたいという方には地域的には週末だけに限られてしまうのでちょっと不満が残るでしょう!逆に言えば周りからの余計な誘惑が無いので、「学校に通ってる期間内は真剣に英語力を高める事だけに集中したい!」と言う方にはもってこいの環境で、実際に語学学校見学後にこの学校を選んだメンバーのNO.1決定理由は「ココなら周りに流されないし余計な出費が少なそう!」でした♪
 (なにせ広い図書館で頑張って勉強してたろっくはーとさん)

 

 この学校に向いている生徒層は、英語の初心者から上級者までオールラウンドです♪英語出来ない組では、過去到着時のSOH’Sガイドの最中にスーパーマーケット等で買い物の際に必ず合言葉の様に聞かれる「Would you like a bag?」という「ビニール袋欲しいですか?」との問いに「えっ!わたし英語全然わかりませんからっ!」と手を振り日本語で答えてたメンバーでも(笑)、在学中に英語の勉強を頑張ったお陰で現在はOZの彼と永住権リーチしましたし、英語出来る組のメンバーではアメリカに2年間の留学経験をもってやって来たメンバーも 、もちろん1番上のレベルのクラスに入学し卒業しましたが、英語のブラッシュアップのお陰でしっかり英語環境で時給の良いホテルスタッフの仕事に就けたりしてます♪
 (アメリカ時よりも良いお嬢様シェア生活してた茜子さん(笑)♪)

 

   一般英語フルタイムコース(General English Full-time Course)

学生数      平均200名 日本人の割合 平均35%
クラス数 12クラス レベル数 5レベル
クラス人数 平均12名〜14名 授業の特徴 読む書く聞く話すを平均的に底上げ
時間帯 8:30-15:00 時間数 25時間/週
入学日 毎週月曜日 日本人スタッフ 不在
休校日 土・日・祭日&2006年12月19日〜2007年1月2日
インターネット 日本語読み書き対応のPCが50台以上、その他にも土日も24時間使えるパソコンルーム完備
アクティビティー 語学学校で企画されるものも月4〜5回のペースでありますが、大学生の部活も含めると膨大な数
入学金&授業料 入学金 AU$100 授業料10週間以内が週AU$305 20週間以内が週AU$295 21週間以上が週AU$285

 

その他のコース コース期間

  授業料/週

一般英語パートタイムコース(General English Part-time Course)  1〜52週間 AU$270
進学英語 14週間コース(English for Academic Purposes 14weeks Course) 14週間 AU$285
進学英語 28週間コース(English for Academic Purposes 28weeks Course) 28週間 AU$285
進学英語 42週間コース(English for Academic Purposes 42weeks Course) 42週間 AU$285
ケンブリッジ試験対策英語コース(FCE) 12週間 AU$270
ケンブリッジ試験対策英語コース(CAE) 12週間 AU$270
ケンブリッジ試験対策英語コース(BEC) 12週間 AU$270
ケンブリッジ試験対策英語コース(PET) 12週間 AU$270

ワーホリビザで通える就学期間は4ヶ月(17週間)ですが、例えばのお話でETA(電子観光)ビザで通える就学期間3ヶ月(13週間)のこの語学学校とシェア生活(食費込み)に掛かる全ての費用を算出してみますと、

入学金                 100ドル
アクティビティー料           65ドル(週5ドル/大学施設利用可)
13週間の授業料         3835ドル
13週間のシェア料金             1690ドル(家賃100ドル食費30ドル)
TOTAL               5690ドル
 
(※注 通常日本からの入学申込みに関しては入学金が200ドルですがA to Z通しだと現地入学扱いされるので100ドルになります♪アクティビティー料の週5ドルは、ボンド大学の全ての施設の利用や、ボンド大学生のスポーツクラブに入る為の学生会への入会も含まれております♪)
 
これを例えば1ドル=85.78円で計算すると5690ドル×85.78円=488088円がこの語学学校を卒業するまでの全ての費用です♪

(この85.78円は日本円建てトラベラーズチェックをオーストラリアに持ち込み、両替したした場合の2006年7月3日付けのレートですが、本日の日本円建てT/Cの為替レートはコチラのサイトの「JAPAN」と「Bank Buys Cheques」が重なる部分で確認出来ます)

この学校の立地条件&周りの環境はコチラの地図サイトで確認出来ますo(^0^)o
サイトのTOPページにある「Street no」の項目に「30」、「Street name」の項目に「ring」、「Suburb or town」の項目 に「robina」、「State」の項目は「Queensland」を選択して「GET MAP」をクリックすると、 住所確認画面が現れますのでもう一度「GET MAP」をクリックすると学校の場所が地図上に○で示されます♪更に地図下の「Map Zoom Slider」機能を使い矢印を右にスライドすると、段々地図が広範囲で見られる様になりますので、この語学学校がゴールドコーストのどの辺りなのかが理解出来ます☆

更新日2006年9月1日 

ボンド大学付属語学学校
エンバシーCES
イングリッシュ・イン・パラダイス
ヒューマン・インターナショナル・カレッジ・オブ・ゴールドコースト
クイーンズランド 州立ゴールドコーストTAFE付属語学学校
グリフィス大学付属語学学校

ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト編)に戻ってみる
ワーホリを成功させる為の語学学校 (ブリスベン&その他編)に進んでみる
留学を成功させる為の語学学校 に進んでみる
AUに戻りたい方への学生ビザが取得出来る学校 に進んでみる
習い事&特殊技術&資格が取得出来る学校 に進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト)に戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー エンバシーCESに進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright (C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.