オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

イングリッシュ・イン・パラダイス
 

 2001年10月に、1人の生徒と1人の先生で創立された学校で、A to Z AUSTRALIA設立時には無かった学校なのですが、「日本人の殆どは読み書きは堪能で、聞く話すに関しての場数が無いだけ!」との理由から、聞く話すのみに重点を置いたコンセプトで徹底的な少人数制(最大8名限定)の授業内容が大好評で、この数年で大成長を遂げ、現在ではサーファーズパラダイスの街のど真ん中でとても便利な場所にて学校が運営される程になりました。ここに通ったA to Z AUSTRALIAのメンバーでは無い複数の生徒からの強いお勧めで、わたしが学校見学をし、その英語の教授法のコンセプトが他校に無い素晴らしいものがあった為に、見事新たにA to Z AUSTRALIAのお勧め校に入った経緯の学校です♪
   (サーファーズのど真ん中にあるビル内2階にあるEIP)

 

 校長先生のショーン先生(もちろんクラスでも教えてます)は、1995年から5年間英語教師として日本の名古屋にて南山大学や愛知女子高等学校等の教育機関や、三越・松坂屋・三菱電機・トヨタ自動車等の企業で英語の授業をしてた素晴らしい実績を持っているので、「日本人」がどこで英語につまづき、どんな間違いを起こしやすいかを、痒い所に手が届くほど熟知しているので、そのショーン校長先生からの授業が受けられるのがこの学校の最大の長所です♪本人も全く日本語が話せず、「レストランの注文すら困ったし、日本人の友人を作るのにもとても苦労しました。。。」という経験がある為に、この学校に通う留学生やワーホリメーカーの立場をよ〜く理解して助けてくれるのも素晴らしい点です☆
 (ショーン校長先生のテストを受けて入学決定した沙世さん)

 

  この学校の一般英会話フルタイムコースは、←ご覧の様なこじんまりとした部屋で、椅子の数が物語ってますが最大生徒人数が8名まで!!!と限定され行われております。1日5時間の授業内容は、最初の1時間だけがその後行われるカンバセーションで使われる文法をテキストを使いながら勉強しますが、残りの4時間は全くテキストを使わず、とにかく聞く話すを徹底的に行うスタイルになっております♪このスタイルも長年日本で英語を教えていたショーン校長先生が、「日本人はどうしてもテキストがあると下を向いてしまい、会話に参加しない人が多い!」と言う弱点を補う為に生み出し、テキスト無いから上向くし、少人数だから先生と目が合う機会が多いし、話さなければいけない環境になってます♪
 (上限は8名ですがいつも5〜6名で少人数制のクラスルーム)

 

  立地条件はGCの中心地サーファーズパラダイスのど真ん中にありますので(スターバックスコーヒー店の真向かい)、学校の正面玄関からダッシュを入れれば海まで3分と言う素晴らしい環境です♪残念ながら短所はサーファーズパラダイスと言う日本人が多い地域にあるので、学校の回りに日本人が多い事とサーファーズパラダイス近辺の治安は決して良くないという事でしょうか?!もう一つの欠点に見えるかもしれない日本人の割合の多さですが、南米やヨーロッパの生徒が居ると、静かな日本人が発言する機会が激減するという観点から、あえて「我々は誇りをもって日本人の割合を70%〜80%の比率ぐらいに維持し続けてます!」と断言してますので、学校の中では他の国の友人は作れないかもですが、確かに会話力上達は早いですねっ♪
 (偶然名古屋から来てこの学校選んだ恵子さんと美都里さん)

 

 この学校に向いている生徒層は、基本的には英語の初心者から上級者までオールラウンドなのですが、特に英語が大の苦手で英語出来ない組のみなさんの中で、「読み書きはやりたく無いけど会話が出来る様になりたい」という方や、英語出来る組のみなさんの中で、「読み書きはもう十分!会話力だけに磨きをかけたい」という方にはお薦めです♪A to Z AUSTRALIAのメンバーでは↑写真に出ている沙世さんがワーホリ持参金25万円という凄い金額で到着し、英語も全くダメだったのですがEIPでの1ヶ月のお陰で最低限の会話力が身に付き、わたしがご紹介した英語環境でとても自給の良いホテルでのハウスキーピングの仕事に就くことが出来、無事お金が無くなって帰国の事態は回避しましたo(^0^)o
 (こんなにゴージャスなホームステイ先から通学した麻子さん)

 

   一般英会話フルタイムコース

学生数      平均30名 日本人の割合 平均80%
クラス数 6クラス レベル数 5レベル
クラス人数 平均5名(最大8名限定) 授業の特徴 1日1時間のみテキスト使用残りは会話中心
時間帯 9:00-15:00 時間数 25時間/週
入学日 毎週月曜日 日本人スタッフ 在中
休校日 土・日・祭日&2007年12月22日〜2008年1月1日
インターネット 学校に隣接するネットカフェで土日も含め9:30-19:30の間に無料で日本語読み書き対応のPCが10台 使用可
アクティビティー BBQパーティーや登山やクルージングやパブにみんなで行く!等の企画が月1〜2回のペース
入学金&授業料 入学金 AU$150 授業料 週AU$300

 

その他のコース コース期間

  授業料/コース

一般 英会話集フリープランコース(好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 1ヶ月(40レッスン) AU$800
一般 英会話集フリープランコース(好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 2ヶ月(80レッスン) AU$1600
一般 英会話集フリープランコース(好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 3ヶ月(120レッスン) AU$2400
一般 英会話集フリープランコース(好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 6ヶ月(240レッスン) AU$4800
一般 英会話社会人・学生コース(好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 3ヶ月(20レッスン) AU$600
プライベートコース(マンツーマンで好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 20レッスン AU$1100
ビジネスコース(2人1組で好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 12週間(24レッスン) AU$1060
ビジネスコース(マンツーマンで好きな時間を1時間単位で選べるチケット予約制) 12週間(24レッスン) AU$1300
1週間完成TOEICコース(15:00-18:00まで1日3時間) 1週間(15レッスン) AU$770

ワーホリビザで通える就学期間は4ヶ月(17週間)ですが、例えばのお話でETA(電子観光)ビザで通える就学期間 3ヶ月(13週間)のこの語学学校とシェア生活(食費込み)に掛かる全ての費用を算出してみますと、

入学金                   0ドル
13週間の授業料         3900ドル
13週間のシェア料金             1950ドル(家賃120ドル食費30ドル)
TOTAL               5850ドル
 
(※注 EIPのショーン校長先生のご好意により、A to Z AUSTRALIAのメンバーにのみ、13週間受講の生徒は入学金が免除になる特典
を頂いております♪他にも割引キャンペーンを頻繁に行っておりますので、メールを頂ければ現在のキャンペーン内容をお伝え致します♪)

これを例えば1ドル=91.59円で計算すると5850ドル×91.59円=5 35801円がこの語学学校を卒業するまでの全ての費用です♪

(この91.59円は日本円建てトラベラーズチェックをオーストラリアに持ち込み、両替したした場合の2006年11月20日付けのレートですが、本日の日本円建てT/Cの為替レートはコチラのサイトの「JAPAN」と「Bank Buys Cheques」が重なる部分で確認出来ます)

この学校の立地条件&周りの環境はコチラの地図サイトで確認出来ますo(^0^)o
サイトのTOPページにある「Street no」の項目に「3212」、「Street name」の項目に「surfers paradise blvd」、「Suburb or town」の項目に「surfers paradise」、「State」の項目は「Queensland」を選択して「GET MAP」をクリックすると、学校の場所が地図上に○で示されます♪更に地図下の 「Map Zoom Slider」機能を使い矢印を右にスライドすると、段々地図が広範囲で見られる様になりますので、この語学学校がゴールドコーストのど の辺りなのかが理解出来ます☆

更新日2006年11月20日

ボンド大学付属語学学校
エンバシーCES
イングリッシュ・イン・パラダイス
ヒューマン・インターナショナル・カレッジ・オブ・ゴールドコースト
クイーンズランド 州立ゴールドコーストTAFE付属語学学校
グリフィス大学付属語学学校

ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト編)に戻ってみる
ワーホリを成功させる為の語学学校(ブリスベン&その他編)に進んでみる
留学を成功させる為の語学学校 に進んでみる
AUに戻りたい方への学生ビザが取得出来る学校 に進んでみる
習い事&特殊技術&資格が取得出来る学校 に進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー エンバシーCESに戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー ヒューマン・インターナショナル・カレッジ・オフ・ゴールドコーストに進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright (C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.