オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

パシフィク・ゲートウェイ・インターナショナル・カレッジ
(PGIC)
 

 わたしの友人でブリスベンで働く現地エージェントの複数が、ブリスベンのお薦め校はこのPGICだと証言しておりますし、A to Z AUSTRALIAのメンバーでも通ったみなさんは全員絶賛していたのがこの学校です♪短期間で英語力を高めるにはよく、「1日中英語で物事を考える事が最良!」と言われておりますが、PGICの1番の長所は、学校内だけでは無く、学校の近所2ブロック内までもが英語以外の言葉を使う事を厳しく罰している点です。なので例えばクラスメイトに日本人が居たとしても、クラスのレッスン時はもちろんなのですが、ランチ時にすら日本語で話すことが出来ないので、朝から晩まで英語で物事を考える習慣を身に付けられ、それが知らず知らずのうちに英語力を最速で伸ばす事になるのです♪ 
  (ブリスベンCITYのほぼ中心に位置するPCICの校舎☆)

 

  「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」を掲げている語学学校は少なくありませんが、この学校の凄い所は、英語以外の言葉を学校内を含めた禁止区域内で使ってると、1回目がイエローカードで謹慎、2回目がレッドカードで停学、3回目がブラックカードで退学になってしまうとても厳しい制度をとっている事なのです♪PGICの事務局に聞いてみたところ、殆どの生徒はこの制度を厳密に守ってるそうですが、年間数名はブラックカードでの退学者も実際に居るそうです(^-^;ゞ。。。 しかしこうやって学校側が生徒に平等に厳しい制度を取っているお陰で、例え日本人同士でも何も恥ずかしがる事無く英語での会話が成立するので、是非他の語学学校もポリシーを掲げるだけでなく、罰則制度も真似て欲しいところです。
 
(大切な事は日本人スタッフYurikoさんと日本語もOKです)

 

  通常の語学学校は毎週月曜日がコース開始日なのですが、ブリスベンの語学学校はコース開始日を設定しているところも多く、このPGICも年間13回に設定している学校なので、コース開始日に出会ったクラスメイトとは同じカリキュラムを受け、同じ様に英語力の成長を遂げ、受講期間が同じクラスメイトならば同じ日に卒業するというスタイルですので、クラスの雰囲気は常に一定しているし、英語力の成長にもそんなにバラつきがありません♪逆に言えばオーストラリア到着後に学校見学してから直ぐに入学する事が出来ない可能性も大なのですが(^-^;ゞ 評判通りの大人気校なので、年間通じて常に2〜3ヶ月先のコースが定員満員状態ですので、この学校に興味のある方はまずはわたしにメールを下さい♪
  (授業時間中は日本語サイトもNG!以外の時間はOK♪)

 

  立地条件はブリスベンのシティーと呼ばれる街の中心地の中にあり、セントラルステーションから徒歩2分、バスターミナルがあるクイーンズモールへも徒歩5分ととても便利な場所にあります♪ホームステイ先やシェア先から電車やバス通学したとしても、シティーに着いてからの徒歩時間が殆どありません。シティーは基本的にビジネス街なのですが、日本とは違い公園とかもシティー中に点在してますので、都会の割にはのんびり公園でランチなんて事も可能なところが良いですねっ♪大きなフードコート(レストラン街)が学校の目の前にあるし、スーパーマーケットも徒歩5分ぐらいの場所にあるので、食や生活の面でもとても便利です♪(そのフードコートの中でも日本語とかは使用禁止ですけどねっ(笑)♪)
  (広々としたスペースで明るい雰囲気の各クラスルーム☆)

 

 この学校に向いている生徒層は、英語の初心者から上級者までオールラウンドです♪各コース開始日にレベル分けテストが行なわれ、6レベルに分かれた各クラスに振り分けられて、同じカリキュラムを同じメンバーで受講しますので、毎週月曜日に開始される通常の語学学校で俗に言われている語学学校スタート時に襲われる「自分だけが落ちこぼれなのではないか?」という劣等感を持ってしまう可能性が低い学校でもあります☆あとはアクティビティーとかもとても盛んな学校で、週末は週2回ペースで行なわれておりますが、平日もほぼ毎日授業時間終了時からブリスベン近郊の大学に通っているOZの大学生と少人数のグループを作り、喫茶店や公園とかに行く「カンバセーションクラブ」が特に人気があります♪
  (ホームステイ後シェアで晴美さんを住ませてくれたHS先)

 

   一般英語コース(English Communication Program)

学生数      平均315名 日本人の割合 平均25%
クラス数 21クラス レベル数 6レベル
クラス人数 平均15名〜16名 授業の特徴 母国語完全禁止・平均的に底上げ
時間帯 8:30-15:00 時間数 25時間/週
入学日 02/01 & 29/01 & 26/02 & 26/03 &
23/04 & 21/05 & 18/06 & 16/07 &
13/08 & 10/09 & 08/10 & 05/11 &
03/12/2007
日本人スタッフ 在中
休校日 土・日・祭日&2007年12月22日〜2008年1月1日
インターネット 日本語読み書き対応のPCが35台以上、朝8時〜9時は日本語のサイト閲覧可能その他の時間はNG
アクティビティー 語学学校で企画されるものもが月8〜10回と盛んでブリスベン地元の大学生との交流もあり
入学金&授業料 入学金 AU$180 授業料 4〜8週間が週$300、12〜20週間が週$290、21週間〜32週間が週$280、
36週間以上が週$270

 

その他のコース コース期間

  授業料/週

ビジネス英語コース(Business English Course) 4〜50週間 AU$270-$300
アカデミック英語&IELTSコース(Academic Preparation&IELTS Course) 4〜40週間 AU$270-$300
TOEIC試験対策英語コース(TOEIC Preparation Course) 4〜40週間 AU$270-$300
ケンブリッジ試験対策英語コース(FCE) 10〜12週間 AU$300
ケンブリッジ試験対策英語コース(CAE) 10〜12週間 AU$300

ワーホリビザで通える就学期間は4ヶ月(16週間)ですが、例えばのお話でETA(電子観光)ビザで通える就学期間3ヶ月(12週間)のこの語学学校とシェア生活(食費込み)に掛かる全ての費用を算出してみますと、

入学金                 180ドル
12週間の授業料         3480ドル
12週間のシェア料金             1800ドル(家賃120ドル食費30ドル)
TOTAL               5460ドル
 
これを例えば1ドル=91.59円で計算すると5460ドル×91.59円=500081円がこの語学学校を卒業するまでの全ての費用です♪

(この91.59円は日本円建てトラベラーズチェックをオーストラリアに持ち込み、両替したした場合の2006年11月20日付けのレートですが、本日の日本円建てT/Cの為替レートはコチラのサイトの「JAPAN」と「Bank Buys Cheques」が重なる部分で確認出来ます)

この学校の立地条件&周りの環境はコチラの地図サイトで確認出来ますo(^0^)o
サイトのTOPページにある「street no」の項目に「232」、「street name」の項目に「adelaide」、「Suburb or town」の項目 に「brisbane city」、「State」の項目は「Queensland」を選択して「GET MAP」をクリックすると、 学校の場所が地図上に○で示されます♪更に地図下の「Map Zoom Slider」機能を使い矢印を右にスライドすると、段々地図が広範囲で見られる様になりますので、この語学学校がゴールドコーストのどの辺りなのかが理解出来ます☆

更新日2006年11月20日

パシフィック・ゲートウェイ ・インターナショナル・カレッジ(PGIC)
オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ(ACE)
エンバシーCES
クイーンズランド大学付属語学学校
クイーンズランド州立ワイドベイTAFE付属語学学校

ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト編)に戻ってみる
留学を成功させる為の語学学校 に進んでみる
AUに戻りたい方への学生ビザが取得出来る学校 に進んでみる
習い事&特殊技術&資格が取得出来る学校 に進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー ワーホリを成功させる為の語学学校(ブリスベン)に戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュに進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright (C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.