オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ(ACE)
 

  PGIC同様、わたしの友人でブリスベンで働く現地エージェントの複数が、ブリスベンのお薦め校はこのACEだと証言しております。PGIC程厳しくはありませんが、しっかり「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」を掲げており、日本人スタッフは居りますが、特別な部屋を除くと日本語は禁止なので、わたしが数回メンバーの学校見学や学校の取材で訪れた時も、わたしと日本人スタッフShojiさんとの会話は英語です(笑)♪又、ACEは1981年創立なので(わたしがオーストラリアに初めて来た年です(*^_^*))、オーストラリアでは最も伝統のある私立の語学学校ですので、通う生徒の出身国も80カ国以上♪大学の学位を持った世界トップレベルの教師陣から最高の英語教育が受けられるのがこの学校の最大の魅力です♪
  (ブリスベンセントラルステーションから徒歩1分のACE♪)

 

  もう1つのこの学校の長所は、キャンパスがブリスベンだけではなく、シドニーに3ヶ所、パースにも1ヶ所点在しており、ワーキングホリデービザや学生ビザでオーストラリアに来た場合、最初の受講場所がブリスベンであってもその後キャンパスを自由に変える事が出来るので、例えばブリスベンで 8週間シドニーで4週間パースで4週間受講するなんてフレキシブルな受講計画も立てられる点です♪ETAビザ(電子観光ビザ)でも最大13週間までの語学学校での就学が認められてますので、例えばETAビザでやって来て英語の勉強を同じ学校の同じシステムで続けながら観光もしつつ、自分に一番合ってる都市を探せるなんてのは素晴らしい事ですよねっ☆ゴールドコーストにもキャンパス作って欲しいところです(笑)♪
  
(色々な相談にのってくれる日本人スタッフのSyojiさん☆)

 

  ACEの生徒層は70%が学生ビザで残り30%がワーキングホリデーと観光ビザなので、基本的に英語の勉強を真剣に頑張ってる生徒が多いのが特徴です。伝統のある学校だけあって、大学やTAFE(専門学校)との提携校数も多く、この学校の進学準備コース(EAP)を卒業すれば、通常大学やTAFEに入学する際には必ず必要なオーストラリアの英語資格であるIELTSの取得が免除されるのも大きな魅力です♪英国ケンブリッジ大学が主催するケンブリッジTKTテストではアジア・オセアニア地域で初めてテスト会場として認可受けた他、TOEIC資格やIELTS資格やTASOL(英語教師養成)やETC(児童英語教師養成)コース等、資格取得準備・養成コースの実績や充実度は間違いなくブリスベンNO.1です♪
 (クラスの中も国際色豊かな環境でみなさん楽しそうでした☆)

 

  立地条件はブリスベンのシティーと呼ばれる街の中心地の中にあり、セントラルステーションから徒歩1分、バスターミナルがあるクイーンズモールへも徒歩6分ととても便利な場所にあります♪ホームステイ先やシェア先から電車やバス通学したとしても、シティーに着いてからの徒歩時間が殆どありません。日本とは違い、高層ビルも建ち並ぶ都会のど真ん中でありながらビルの間からは青空が常に見れるのが、わたしがブリスベンが大好きな大きな理由です☆ACEに入学すると入学時にACEのロゴ入りTシャツが配られるのですが、シティー内にはたくさんの学割を受け入れてくれる提携店があり、このTシャツ着て行けばコーヒーショップやマックとかでも割引を受けられるのも素晴らしいシステムですよねっ♪
 (授業が終わりの時間から毎日の様に映画も上映されます)

 

 この学校に向いている生徒層は、英語の初心者から上級者までオールラウンドです♪が、上記でお伝えしました様に、学生ビザで大学や専門学校を目指したり、一般英語コースを終わっても英語教師養成や児童英語教師養成や看護英語コース等への進学をする学生ビザの生徒が70%も居りますので、とにかく真剣に英語を勉強したい!と思ってる方に特に向いていると思います♪アクティビティーとかもとても盛んな学校で、週末は週2回ペースで行なわれておりますが、平日も授業時間終了時から、ボーリングやサッカーやヨガとかのスポーツを通じて他の国から来た生徒と仲良くなれるような企画が盛りだくさんです。この学校のコメントは書ききれなかったのでもっと詳しく知りたい方はわたしにメールをっ(^0^)
  (PCルームも広々としていて余裕の台数でした\(^0^)/)

 

   一般英語フルタイムコース(General Intensive English Course)

学生数      平均400名 日本人の割合 平均20%
クラス数 25クラス レベル数 6レベル
クラス人数 平均12名 授業の特徴 読む書く聞く話すを平均的に底上げ
時間帯 9:00-15:30 時間数 25時間/週
入学日 02/01 & 29/01 & 26/02 & 26/03 & 23/04 & 21/05 & 18/06 & 16/07 & 13/08 10/09 08/10 & 05/11 & 03/12/2007 日本人スタッフ 在中
休校日 土・日・祭日&2007年12月29日〜2008年1月1日
インターネット 日本語読み書き対応のPCが44台 授業時間以外は日本語のサイト閲覧可能授業時間内はNG
アクティビティー ブーメランクラブと言う名のアクティビティークラブで週最低1回以上のペースであります
入学金&授業料 入学金 AU$200 授業料 2〜20週間が週$325、21〜30週間が週$315、31週間〜40週間が週$305、
41週間以上が週$295

 

その他のコース コース期間

  授業料/週

一般英語パートタイムコース(General English Part-time Course)  2〜20週間 AU$270
ビジネス英語コース(Business English Course) 4〜8週間 AU$325
進学英語コース(English for Academic Purposes Course) 4〜8週間 AU$325
IELTS試験対策コース(IELT Preparation Course) 8週間 AU$325
TOEIC試験対策英語コース(TOEIC Preparation Course) 4週間 AU$325
TOEFL試験対策英語コース(TOEFL Preparation Course) 8週間 AU$325
ケンブリッジ試験対策英語コース(PET) 11〜12週間 AU$335
ケンブリッジ試験対策英語コース(FCE) 10〜12週間 AU$335
ケンブリッジ試験対策英語コース(CAE) 10〜13週間 AU$335
ケンブリッジ試験対策英語コース(CPE) 12週間 AU$335
英語教師養成コース(English for TESOL) 5週間 AU$480
児童英語教師語教師養成コース(English for TESOL) 5週間 AU$380

ワーホリビザで通える就学期間は4ヶ月(16週間)ですが、例えばのお話でETA(電子観光)ビザで通える就学期間3ヶ月(12週間)のこの語学学校とシェア生活(食費込み)に掛かる全ての費用を算出してみますと、

入学金                 200ドル
12週間の授業料         3900ドル
12週間のシェア料金             1800ドル(家賃120ドル食費30ドル)
TOTAL               5900ドル
 

これを例えば1ドル=91.83円で計算すると5900ドル×91.83円=541797円がこの語学学校を卒業するまでの全ての費用です♪

(この91.83円は日本円建てトラベラーズチェックをオーストラリアに持ち込み、両替したした場合の2006年11月17日付けのレートですが、本日の日本円建てT/Cの為替レートはコチラのサイトの「JAPAN」と「Bank Buys Cheques」が重なる部分で確認出来ます)

この学校の立地条件&周りの環境はコチラの地図サイトで確認出来ますo(^0^)o
サイトのTOPページにある「street no」の項目に「289」、「street name」の項目に「ann」、「Suburb or town」の項目 に「brisbane city」、「State」の項目は「Queensland」を選択して「GET MAP」をクリックすると、 学校の場所が地図上に○で示されます♪更に地図下の「Map Zoom Slider」機能を使い矢印を右にスライドすると、段々地図が広範囲で見られる様になりますので、この語学学校がゴールドコーストのどの辺りなのかが理解出来ます☆

更新日2006年11月17日

パシフィック・ゲートウェイ ・インターナショナル・カレッジ(PGIC)
オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ(ACE)
エンバシーCES
クイーンズランド大学付属語学学校
クイーンズランド州立ワイドベイTAFE付属語学学校

ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト編)に戻ってみる
留学を成功させる為の語学学校 に進んでみる
AUに戻りたい方への学生ビザが取得出来る学校 に進んでみる
習い事&特殊技術&資格が取得出来る学校 に進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー パシフィック・ゲートウェイ・インターナショナル・カレッジに戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー エンバシーCESに進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright (C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.