オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

エンバシーCES
 

  エンバシーCESは、ゴールドコーストの語学学校紹介の項目でもゴールドコーストキャンパスをご紹介致しましたが、この学校の長所としてはエンバシーCESの母体がStudy Groupと言う世界的に学校を展開している大きな教育機関の為、その集客力もヨーロッパやブラジルや中東諸国にまで及んでおりまして、その影響か語学学校の生徒がとても国際色豊かになっている点です♪通常国際色豊かな学校と言っても、大抵は東南アジアの生徒が多いのですが、「こんな金髪で英語喋れないのか(笑)?」なんて生徒が多いのが大きな特徴です♪取材をした日のブリスベンキャンパスは、ゴールドコーストキャンパスに比べるとブラジリアンの数は少な目でしたが、その分ヨーロッパや中東諸国の生徒で溢れておりました♪
  (ブリスベンCITY内でも目立つモダンなエンバシーの校舎)

 

  もう1つのこの学校の長所は、キャンパスがブリスベンだけではなく、前出のゴールドコーストを始め、メルボルン、シドニー、パースと各メジャー都市に点在しており、特にワーキングホリデービザや学生ビザでオーストラリアの「最初の都市をどこにしようか?」と悩んでいる方には、最初の受講場所がブリスベンであってもその後キャンパスを自由に変える事が出来るので、例えばブリスベンで 7週間、ゴールドコーストで残りの10週間受講するなんてフレキシブルな受講計画も立てられる点が素晴らしいです ねっ♪実際A to Z AUSTRALIAのメンバーでも、ゴールドコーストで最初は受講し、その後ブリスベンに行ったメンバーや、その後ケアンズに行ったメンバーも居りました(現在はケアンズ校はありません)♪
  
(1階の受付なのですが、超モダンで綺麗でした\(^0^)/)

 

 エンバシーCESブリスベンキャンパスは、一番上の写真のモダンなビルの1フロアー全てを使っているのですが、更に3フロアーににも同じStudy Group系列で専門学校のMartin Collegeや、大学のCharles Sturt Universityも同居しておりますので、常に3校合同で行なわれているアクティビティー等では、他の国から来た生徒以外にも地元のオーストラリア人達と友人になれるチャンスが多い点も見逃せません♪ブリスベンシティーから少し離れた場所にあるクイーンズランド大学付属語学学校の施設には敵いませんが、語学学校が数多く点在するブリスベンシティー内の語学学校の施設としては、A to Z AUSTRALIAがお薦めする語学学校の中では間違いなく一番綺麗で一番広く、充実した施設になっております♪
 (クラスルームもこの人数では少し淋しい位の広さでしたっ!)

 

  立地条件はブリスベンのシティーと呼ばれる街の中心地の中にあり、バスターミナルがあるクイーンズモールから徒歩3分ととても便利な場所にあります♪クイーンズモール内にはマイヤーセンターと呼ばれるデパートも入った巨大ショッピングモール&フードコートがあり、ランチ時や下校時には決して退屈する事は無い環境です♪又、シティー内で一番大きな公園であるボタニックガーデンへも徒歩5分位なので、学校帰りにすら亜熱帯雨林系の緑に囲まれながらとか、ブリスベンリバーを眺めながら英語のセルフスタディーなんかも出来る素晴らしい環境もありますので、シティーの中の学校の割には、ふと自然の中でリラックス出来る時間が多く持てるのではないでしょうか☆とにかくボタニックガーデンは巨大です♪
  (PCルームも大学付属の語学学校並みの広さと台数♪♪)

 

 この学校に向いている生徒層は、英語の中級者以上の方だと思います♪何処の語学学校でもそうなのですが、どうしても初級者のクラスには日本人が多くなってしまいます(^-^;ゞ。。。なので折角国際色豊かな学校に入学したのにクラスメートの殆どが日本人ではもったいないですよねっ?♪最後になりますが、この学校はよくA to Z AUSTRALIAの様な現地エージェントに対して素晴らしいキャンペーンを定期的に行ってくれている学校なので、例えば「10週間の受講で3週間無料!」とか、「 14週間の受講で3週間無料!」とか、その時その時でキャンペーンがある事が多い語学学校なので、この学校が気になった方はまずはわたしにメールして下さい♪もしかしたら物凄い割引を受けられるかもですっ(*^∇^*)♪
 (英語の勉強に必要な教材やCDや本もたくさんある図書館)

 

   一般英語フルタイムコース(Certificate of English Intensive Course)

学生数      平均200名 日本人の割合 平均10%
クラス数 20クラス レベル数 6レベル
クラス人数 平均12名〜15名 授業の特徴 午前中は読む書く、午後は聞く話すのみ
時間帯 8:00-15:00 時間数 25時間/週
入学日 毎週月曜日 日本人スタッフ 在中
休校日 土・日・祭日&2006年12月26日〜2007年1月2日
インターネット 日本語読み書き対応のPCが20台、その他にもパソコンルームに150台以上完備
アクティビティー 語学学校と系列専門学校合同企画されるものもが月8〜12回ととても盛ん
入学金&授業料 入学金 AU$185 授業料 6週間以内が週AU$330 7〜11週間が週$325、12週間〜19週間が週$310、
20週間〜29週間が週$300、30週間〜39週間が週$290、40週間以上が週AU$280

 

その他のコース コース期間

  授業料/週

一般英語パートタイムコース(Certificate of English Standard Course)  1〜52週間 AU$285
一般英語パートタイムコース(Certificate of English Standard Course) 7週間以上 AU$285
進学英語コース(English for Academic Purposes Course) 11週間〜33週間 AU$290-$325
IELTS試験対策英語コース(IELTS Preparation Course) 4週間〜12週間 AU$330
TOEIC試験対策英語コース(TOEIC Preparation Course) 4週間〜12週間 AU$330
ケンブリッジ試験対策英語コース(FCE) 10週間〜12週間 AU$325-$340
ケンブリッジ試験対策英語コース(CAE) 10週間〜12週間 AU$325-$340

ワーホリビザで通える就学期間は4ヶ月(17週間)ですが、例えばのお話でETA(電子観光)ビザで通える就学期間3ヶ月(13週間)のこの語学学校とシェア生活(食費込み)に掛かる全ての費用を算出してみますと、

入学金                 185ドル
13週間の授業料         4030ドル
13週間のシェア料金             1950ドル(家賃120ドル食費30ドル)
TOTAL               6165ドル

これを例えば1ドル=85.78円で計算すると6165ドル×85.78円=528833円がこの語学学校を卒業するまでの全ての費用です♪

(この85.78円は日本円建てトラベラーズチェックをオーストラリアに持ち込み、両替したした場合の2006年7月3日付けのレートですが、本日の日本円建てT/Cの為替レートはコチラのサイトの「JAPAN」と「Bank Buys Cheques」が重なる部分で確認出来ます)

この学校の立地条件&周りの環境はコチラの地図サイトで確認出来ますo(^0^)o
サイトのTOPページにある「street no」の項目に「118」、「street name」の項目に「charlotte」、「Suburb or town」の項目 に「brisbane city」、「State」の項目は「Queensland」を選択して「GET MAP」をクリックすると、 学校の場所が地図上に○で示されます♪更に地図下の「Map Zoom Slider」機能を使い矢印を右にスライドすると、段々地図が広範囲で見られる様になりますので、この語学学校がゴールドコーストのどの辺りなのかが理解出来ます☆

更新日2006年9月1日

パシフィック・ゲートウェイ ・インターナショナル・カレッジ(PGIC)
オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ(ACE)
エンバシーCES
クイーンズランド大学付属語学学校
クイーンズランド州立ワイドベイTAFE付属語学学校

ワーホリを成功させる為の語学学校(ゴールドコースト編)に戻ってみる
留学を成功させる為の語学学校 に進んでみる
AUに戻りたい方への学生ビザが取得出来る学校 に進んでみる
習い事&特殊技術&資格が取得出来る学校 に進んでみる


オーストラリア ワーキングホリデー オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュに戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー クイーンズランド大学付属語学学校に進む


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright (C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.