オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト

オーストラリア ワーキングホリデー
 & 留学応援サイト

 

 
 

 

 

 

サポート料金表
 

 「はじめての方へ」の項目から「サポート内容」の項目までずぅ〜〜〜っと通読されてきた方、そろそろ眠くなってきた頃かと思いが、眠気も覚める一撃(笑)!という事で、いよいよA to Z AUSTRALIAのサポート料金をお伝え致します♪今までご説明してきたサポート内容の充実度に比べて、A to Z AUSTRALIAのサービス料金が如何に激安か、イスにしっかり座って倒れない様にしてしかとご覧下さいませm(__)m 

 

サポート内容 コメント

  料金

到着前メールアドバイス メールにてAU到着まで色々アドバイス(サポート内容その1参照)   無料
語学学校入学お手伝い メールでも現地に来てからでもOKです(サポート内容その1参照)   無料
空港ピックアップ ブリスベン国際空港までお迎えに行きます(サポート内容その1参照) 11000円
SOH’Sガイド公的機関編 ワーホリや語学留学に必要な公的機関をお手伝い(サポート内容その1参照) 11000円
SOH’Sガイド生活編 HSやシェア生活に必要な準備のお手伝い(サポート内容その1参照) 11000円
その他のSOH’Sガイド 大抵のものは半日で出来ますので、上記2つに組み込む事も可能 11000円
SOH’Sハウス宿泊 SOH’Sガイド利用中は1泊2食付きで無料宿泊(サポート内容その1参照)   無料
インターネットサービス SOH’Sハウス滞在中のインターネット利用は何度でも無料(サポート内容その1参照)   無料
ホームステイ先ご紹介 日本に居る段階でホームステイ先決定出来ます(サポート内容その1参照)   無料
SOH’Sガイド後の相談 電話やメールにて滞在期間中はいつでも対応しております   無料
仕事探しお手伝いサービス 英語環境で有給の仕事を紹介してくれる会社を紹介(はじめての方へ参照)   無料
荷物預かりサービス 滞在期間中何度でも何日でも引き受けます(サポート内容その2参照)   無料
郵送物お預かりサービス 住所不定の間は郵送物の一時預かりします(サポート内容その2参照)   無料
学生ビザ取得お手伝い ワーホリビザとか観光ビザからの学生ビザ申請をお手伝い   無料
緊急時のサポート 電話での通訳やアドバイスを無料で致します(わたしが現場に行く場合有料)   実費

 

 という事で、A to Z AUSTRALIAの代表的なサポートの2種類である、フルサポート(忍法!何も決めないでオーストラリアにやって来るの術)とか凝縮サポート(語学学校やホームステイ先等ある程度日本で決定して来豪する事により、サポート期間を2日間に詰め込む)の料金は、↓この料金ポッキリになります\(^0^)/♪♪♪

 

フルサポート 空港ピックアップ11000円+SOH’Sガイド11000円×3日間 44000円
凝縮サポート 空港ピックアップ11000円+SOH’Sガイド11000円×2日間 33000円

 

  その他オーストラリア国内から現地参加の場合の料金
到着前メールアドバイス メールにてゴールドコースト到着まで色々アドバイス   無料
語学学校入学お手伝い メールでもゴールドコーストに来てからでもOKです   無料
空港ピックアップ ゴールドコースト空港までお迎えに行きます

  66ドル

シェア探しサポート オーストラリアの他の都市からでも申し込み受け付けてます

110ドル

ホームステイ先ご紹介 オーストラリアの他の都市に居る段階でホームステイ先決定出来ます   無料
SOH’Sガイド後の相談 電話やメールにて滞在期間中はいつでも対応しております   無料
仕事探しお手伝いサービス 英語環境で有給の仕事を紹介してくれる会社を紹介   無料
荷物預かりサービス 滞在期間中何度でも何日でも引き受けます   無料
郵送物お預かりサービス 住所不定の間は郵送物の一時預かりします   無料
学生ビザ取得お手伝い ワーホリビザとか観光ビザからの学生ビザ申請をお手伝い   無料
緊急時のサポート 電話での通訳やアドバイスを無料で致します(わたしが現場に行く場合有料)   実費

 

 「こんなに安くて大丈夫なのっ?」とビックリされる方が多いでしょうが、サポート内容の充実は、このホームページの掲示板とかによく顔を出してくれているA to Z AUSTRALIA利用者OBどなたに聞いて頂いても構わないぐらいの自信をもっております♪よくワーホリプラン1年間で20万円〜50万円!!なんて料金を出している業者を見かけますが、ワーホリの一番大切な初期の時期にしっかりサポートを受け、節目毎にアドバイスを受けてれば、ワーホリは自力で十分に出来てしまうのです♪あまり意味が無い日本出発前の英会話レッスンとか帰国後の就職斡旋が付いているからといって、何十万も余計に出費してしまうのは、ワーホリ到着後のプランの首を絞める様なものではないでしょうか?その分のお金をA to Z AUSTRALIAを利用する事によって節約出来た為にA to Z AUSTRALIAにはワーホリを大成功させたメンバーがたくさん居るのだとわたしは確信しております♪

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真     ワーホリでオーストラリアの土を踏むまでの流れ♪

 ここまで読んでみて
、「是非サポートを受けてみたい♪」もしくは「興味が出てきたので色々質問してみたい♪」という方は、まずは1行でも2行でも構いませんので初メールをして来て下さい→コチラ→わたしからワーホリ計画に関してお聞きしたい事をまとめたメールが返信されます→何回かのメールのやり取りの中でオーストラリアの到着日を仮決定致します→A to Z AUSTRALIAへの申込金を送金して頂きます→わたしのアドバイスを受けながら航空券や日本円建てT/Cの購入や海外傷害保険等の加入手続きを進め、渡豪に備えます→同時進行でわたしからも必要に応じて語学学校の入学許可証やホームステイ先詳細やわたしの連絡先・家族構成等の詳細等のメールが送られ、渡豪の準備が整います→いざ日本の国際空港へ→ブリスベン(ゴールドコースト)空港にてSOH’Sガイドのサポートスタート♪とこんな感じになっておりますo(^-^)o
(2004年6月キリ番踏んで初メール♪同11月到着のマサさん)

 

   フルサポートで申し込んだ場合の例えばの具体例♪

 2005年8月8日日本出発、翌9日オーストラリア到着♪空港ピックアップ後SOH’Sハウスに行き、荷物を置いてからサポート開始(この時にシャワーを浴びたり、昼寝をして旅の疲れを疲れを取るメンバーが7割位居ます)♪まずは候補の語学学校見学からスタートし、通う語学学校を大決定し、入学手続きも済ませます!すかさずその語学学校に徒歩や自転車で通えるシェア先探しに突入し、数件候補のシェア先を回った後シェア先大決定!(シェア先がこの日に決定出来なかった場合は、翌日に継続してシェア先探しも行います)その夜はSOH’Sハウス に宿泊♪2日目はSOH’Sガイド公的機関編を全てこなし、SOH’Sハウス宿泊♪3日目はSOH’Sガイド生活編にてシェア生活の準備を完璧に整えSOH’Sハウス宿泊♪4日目の朝にシェア先に全ての荷物を持って行きシェア生活スタート!という流れです♪
 (フルサポート学校見学後ボンドとシェア先大決定した裕美さん)
 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真      凝縮サポートで申し込んだ場合の具体例@♪

 2005年12月10日日本出発、翌11日オーストラリア到着♪空港ピックアップ後SOH‘Sハウスに行き、荷物を置いてからサポート開始♪日本に居る間に語学学校への入学申 し込みも済ませ入学が大決定しているし、ホームステイ先は決定しているので、到着日はまず語学学校の下見とホームステイ先から語学学校への通学方法を何度か車で往復したりしつつホームステイ生活の秘訣や裏技を伝授♪SOH’Sガイド公的機関編もこの日に全てこなしてからこの日はSOH‘Sハウスに宿泊♪翌日はホームステイ先がチャリ通可能な場所ならば自転車の購入&組み立ても含め、ホームステイ先での生活に必要なSOH’Sガイド生活編を受けて頂いてからSOH‘Sハウス宿泊♪3日目の朝にホームステイ先に全ての荷物を持って行きホームステイ生活スタート!という流れです\(^0^)/♪
(凝縮サポート語学学校ALIとステイ先を決めて来た受以子さん)

 

     凝縮サポートで申し込んだ場合の具体例A♪

 2003年9月8日日本出発、翌9日オーストラリア到着♪空港ピックアップ後SOH’Sハウスに行き、荷物を置いてからサポート開始♪日本に居る間に語学学校への入学申し込みも済ませ入学が大決定しているし、メールにて「海の傍でOZであれば男女どちらでも構いません」等のシェアメイトアンケートに答えてもらっていたので、到着日はまず語学学校の下見や公的機関編をこなしてから、予めわたしがアポを取っておいたシェア先候補を数件回り、気の会うシェアメイトが見つかったら到着日でシェア先も大決定♪この日はSOH‘Sハウスに宿泊し翌日はシェア先がチャリ通可能な場所ならば自転車の購入&組み立ても含め、シェア先での生活に必要なSOH’Sガイド生活編を受けて頂いてからSOH‘Sハウス宿泊♪3日目の朝にシェア先に全ての荷物を持って行きシェア生活スタート!という流れです\(^0^)/♪
(凝縮サポート語学学校ボンドを決定し来豪しシェアのかずさん)           

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真            ワーホリ資金について♪

 ワーホリ資金については、これは決してわたしが書いた「オーストラリア de ワーキングホリデー」の本の中では書けませんでしたが、ぶっちゃけ航空券や保険の支払い後70万ぐらいあれば例えばこちらで語学学校にワーホリで通える最長期間の 4ヶ月通ったとしても安全ラインです♪たまにバイトがあまり無い!なんて事をワーホリ関連の掲示板とかで見たりしますが、ハッキリ言って探し方が甘いだけで、仕事を選ばなければいくらでも生活の足しになるバイトはGET出来ます!!わたし的には語学学校の 就学期間の終了時点で10万円でも残高があれば、OK牧場(笑)だと思っております♪AtoZ AUSTRALIAのメンバーの中にもワーホリ持参金40万〜60万なんてみなさんうぢゃうぢゃ居ります♪ちなみに←この幸美さんは2004年1月に来豪致しましたが、仕事でお金を貯め、2006年 現在も学生ビザで滞在中☆
(学校の費用は支払済みでしたが持参金8万円で来た幸美さん)

 

             語学学校の必要性♪

 AtoZのメンバーのみなさんにワーホリの成功者が多いのは、到着して初めの3〜4ヶ月はみっちり英語を勉強されているからなのです。ワーホリが成功するか失敗するかは初めの3 〜4ヶ月に全てが掛かってると言っても過言ではありません♪当然現在の英語力にもよりますが、仮に初心者だとしたら1ヶ月とかの就学期間ではアッっと言う間に過ぎてしまって殆ど意味が無いかと思われます。又、初めの3 〜4ヶ月語学学校に通うという事は日本人を含め、OZの友人を作れる大切な期間です。バイトを始めてしまうと得に英語が出来ない場合は日本語環境(日本食のキッチンハンド等)のバイトしかGET出来ない為、その後の英語力の成長が望めなくなり、オーストラリアに居るのに日本とあまり環境が変わらない悪循環に至ってしまいます(^-^;ゞ AtoZでワーホリを成功させ たみなさんは、語学学校でガンバったお陰でその後のバイトで英語を使える環境(仕事仲間が全員OZとかお客さんが殆どOZとか等)のバイトに就く事が出来ているのです♪
 (2002年8月18歳来豪今もデファクトビザで在豪中Moeさん)

オーストラリア ワーキングホリデー 写真

 

オーストラリア ワーキングホリデー 写真       現在の英語力が超初心者でもご心配なくっ♪              

 A to Z AUSTRALIAを利用して来るのメンバーの英語力は「出来る組」か「全く出来ない組」に大きく分かれております。「出来る組」のAtoZ記録保持者ではTOEIC950点取得者とか、IELTS7.5ポイント取得者とか、とんでもないツワモノも居りますが、実は「全く出来ない組」も全体の到着メンバーの半数以上居るのです♪450名 位のメンバーをサポートしてきて今つくづくわたしが思う事が「あの○○さんが永住権リーチ?(^-^;ゞ」「えっ!あの××さんがIELTS5.5ポイント取れて学生ビザで残れるの?f^_^;」と言う様な「全く出来ない組」で来たメンバーの大逆転劇の例をたくさん見てきた為、「到着時の英語力も確かに大切だけと、到着後の頑張り次第でどうにでもなるもんだっ♪」という良い意味での驚きの感情を抱いております♪頑張れる気持ちがある方なら、どうか現在の英語力を気にせずに一歩踏み出してみては如何ですか?ワーホリは人生を大きく変えるチャンスです☆
  (2004年11月に行われた第11回AtoZオフ会の様子♪)

 

 A to Z AUSTRALIAの「無料語学学校入学お手伝いサービス」、「無料ホームステイ先ご紹介サービス」、「有料空港ピックアップサービス」、「有料SOH‘Sガイドサービス」等の各種サービスへ参加希望の皆様は、まずはわたしにメール送って来て下さい♪それから参加前に必ずこのホームステイ内の「A to Z 概要」の項目の中にある約款とお申し込みとキャンセルのページもお読みくださいませm(_ _)m

サポート内容その1
サポート内容その2
サポート料金表
サポート写真集に進んでみる
サイトマップに戻ってみる



オーストラリア ワーキングホリデー サポート内容その2に戻る オーストラリア ワーキングホリデー 留学 応援サイト オーストラリア ワーキングホリデー サポート写真集22に進む 


このサイト内にある文章、イラスト、写真を無断で転載する事を禁じます。Copyright(C) 2001-2014 AtoZ AUSTRALIA All Rights Reserved.